Profile

藤波瞬平

フジナミシュンペイ

出身地:東京都

誕生日:11月21日

座右の銘:日々感謝

特技:殺陣、マイム、目算、誤字脱字・四葉のクローバー探し

趣味:身心研究、戯曲読解、旅、釣り、料理

 

※お仕事のご依頼はContactから。いつでもお待ちしております。

 

 


History

1才で母に連れられて行った夢の遊眠社で演劇に出会う。

16才、部員の8割が男という珍しい高校演劇部で演劇をはじめる。

高校卒業後、自転車での一人旅に出る。旅の途中、鹿児島県徳之島で偶然俳優の峰岸徹 氏(故人)と知り合い、プロ俳優になることを志す。

旅を終え、演劇の基礎を身に付けるため加藤健一事務所俳優教室の門を叩く。

加藤健一 、星充(故人)の両氏に師事。

3年間の養成期間を経て卒業。

以降フリーの舞台俳優として活動開始。

 

2011年、クロジ第10回公演『異説 金瓶梅』の本番一週間前に発生した、東日本大震災と原発事故によって、愛する故郷で自身のルーツである福島県双葉郡浪江町を失う。

アイデンティティが大きく揺らぎ、演劇を諦めるために物づくりの勉強を始めるも、最後の舞台のつもりで挑んだ一年越しの『異説 金瓶梅』延期公演で、表現者として何も残せていないことに疑問を感じ、本気で演劇で生きてゆくことを決意。


2013年~2016年まで、男優劇団Studio Lifeに在籍。舞台経験が豊富だったため、入団一年目にファンの方々から「プロ」という愛称をつけられる。手塚治虫氏の『アドルフに告ぐ』や萩尾望都氏の『トーマの心臓』などで原作ファンの方からも高い評価を受ける。

 

2015年10月に演劇集団 砂地の船岩祐太と、クロジの福圓美里と共に、大人のメロドラマを上演理念として掲げる演劇ユニット、F³(エフサンジョウ)を立ち上げる。

 

2016年2月、加藤健一事務所俳優教室卒業から10年になる節目に、自身初のプロデュース公演、一人芝居『審判』(作:バリー・コリンズ)を上演。小規模の公演にも関わらず300人を越える動員を達成。

 

2016年9月から、「日常生活に使える演劇的視点や身体の発見」「戯曲読解による想像力の向上」をテーマに、一般の方に向けた演劇ワークショップ『藤波瞬平のウラガワ』を定期的に開催。


 2017年10月より、日本芸術高等学園にて演技講師も務める。


いつかどこかで芽を出すかもしれない「想像力の胤」を撒き続けるべく、俳優、プロデューサー、講師として現在活動中。


過去出演作(太字は主演作)

2018年

3月

あかね色

『真説・春琴抄』

(佐助&谷崎潤一郎役)

原作:谷崎潤一郎

脚本:柳井祥緒(十七戦地)

演出:三浦佑介(あサルとピストル)


2017年

8月

ハツビロコウ

『ルート64』

(タニムラ役)

作:鐘下辰男(演劇企画集団THE・ガジラ)

演出:松本光生

於:SPACE梟門

 

4月

スプリングマン

『弁当屋の四兄弟』

(父・吾郎 役)

作・演出:澁谷光平

於:シアター711

 

2月

演劇集団 砂地

『アトレウス』

(アキレウス/ピュラデス役)

原作:エウリピデス、ソフォクレス、アイスキュロス

構成・演出:船岩祐太

於:吉祥寺シアター

 

2016年

10月

コズエヲプロデュース

『□.kakoi-no-soto』

(兄・太郎 役)

作・演出:三浦佑介(あサルとピストル)

於:新宿眼科画廊スペースO


8月 

クロジ

『きんとと』

(萩泉 役)

作:森悠

演出:野坂実(東京ジャンケン)

於:全労済ホール/スペース・ゼロ

 

6月

演劇集団 砂地

『Hamlet』

(レアティーズ役)

原作:W・シェイクスピア

演出:船岩祐太

於:SPACE 雑遊

 

2月

藤波瞬平一人芝居

『審判』

(アンドレイ・ヴァホフ役)

作:バリー・コリンズ

訳:青井陽治

演出:三浦佑介

於:SPACE 梟門

 

2015年

10月

F³  No.1

『楡の木陰の欲望』

(エビン役)

作:ユージン・オニール

演出:船岩祐太

於:SPACE 雑遊

 

8月

Studio Life

『アドルフに告ぐ』

(峠草平 役)

原作:手塚治虫

演出:倉田淳

於:紀伊國屋ホール

 

 ※その他、Studio Life出演作

2015~2013年

『WHITE』(岩波 役)

『夏の夜の夢』(蜘蛛の糸 役)

『大いなる遺産』(ポケット役)

『Back Cindy』(王子 役)

『トーマの心臓』(ヘルベルト役)

『少年十字軍』(ジャコブ役)

『LILIES』(神父 役)

『BEAT POPS』(マスター役)

『カリオストロ伯爵夫人』(執事 役)

 

2012年

12月

演劇集団 砂地

『RUR』

(ファブリ 役)

作:カレル・チャペック

演出:船岩祐太

於:上野ストアハウス

      

Utervision Company

『マイサンシャイン』

(盲目の男 役)

作:ノゾエ征爾

演出:堀川炎(世田谷シルク)

於:座・高円寺2

      

クロジ

 『異説 金瓶梅』

(西門慶 役)

作:森悠&クロジ

演出:三浦佑介(あサルとピストル)

於:シアターサンモール 

 

2011年

演劇集団 砂地

『令嬢ジュリー』

(ジャン役)

作:ストリンドベリ

演出:船岩祐太

於:SPACE 雑遊

      

演劇集団 砂地

『リチャードⅡ』

(犬飼 役)

原作:W・シェイクスピア

構成・演出:船岩祐太

於:SPACE雑遊

 

2010年

演劇企画集団THE・ガジラ

~1st satellite~

『寒花』

(楠木龍生 役)

作:鐘下辰男

演出:船岩祐太(演劇集団 砂地)

於:SPACE 雑遊

      

次世代を担う演劇人育成公演③

『二重の不実』

(貴族 役)

作:ピエール・マリヴォー

演出:船岩祐太(演劇集団 砂地)

於:劇団銅鑼アトリエ

      

クロジ

『エンガワノクラゲ』

(俵井ゆくを 役)

作・演出:森悠

於:新宿スペース107(閉館)

 

2009年

クロジ

『きんとと』

(萩泉 役)

作:森悠

演出:清水みき枝

於:シアターサンモール

      

東京パチプロデュース

『バンサラ!!』

(青山主膳 役)

作・演出:亀田真二郎

於:江古田ストアハウス

      

スプリングマン

『REVIVE』

(ハルキ 役)

作・演出:澁谷光平

於:参宮橋トランスミッション

      

しゅうくりー夢

『怪奇探偵丑三進之介~推して参る!~』

(桐崎 役)

作・演出:松田環

於:恵比寿エコー劇場

 

2008年

クロジ

『僕の愛した冒険』

(アキオ役)

作・演出:澁谷光平(スプリングマン)

於:シアターモリエール

      

劇工房月ともぐら

『夏の夜の夢(再演)』

(ディミートリアス役)

作:W・シェイクスピア

演出:春芳

於:南大塚ホール

      

クロジ

『桜屋敷の三姫』

(戌井 役)

作・演出:森悠

於:シアターモリエール

 

しゅうくりー夢

『女探偵冴羽優羽~Case File~天使』(ルカ役)

作・演出:松田環

於:シアターVアカサカ

 

2007年

劇工房月ともぐら

『夏の夜の夢』

(ディミートリアス役)

於:シアターグリーン

※池袋演劇祭優秀賞受賞作

      

しゅうくりー夢

『Guard of PRINCESS~5人いるんだからなんとかなる~』

(レジェロ役)

作・演出:松田環

於:シアターVアカサカ

      

STUDIO MΣW’S

『IZOU~以蔵~』

(文七 役)

作・演出:星充

於:シアター風姿花伝

 

しゅうくりー夢

『大正探偵怪奇譚~第参夜~縁』

(迷企羅 役)

作・演出:松田環

於:シアターVアカサカ

 

2006年

しゅうくりー夢

『大正探偵怪奇譚~第壱夜~鬼子』

(ウツギ役)

作・演出:松田環

於:シアターVアカサカ

 

劇工房月ともぐら

『かもめ』

原作:アントン・チェーホフ

演出:春芳

於:シアターグリーン

      

加藤健一事務所俳優教室

『煙が目にしみる』

(原田正和 役)

作:鈴置洋孝

演出:加藤健一

於:武蔵野芸能劇場

 

2005年

加藤健一事務所俳優教室

『天保十二年のシェイクスピア』

(きじるしの王子 役)

作:井上ひさし

演出:春芳

於:加藤健一事務所アトリエ

 

2004年

加藤健一事務所俳優教室

『想稿・銀河鉄道の夜』

(車掌 役)

作:北村想

演出:加藤健一

於:武蔵野芸能劇場

 

加藤健一事務所俳優教室

『贋作・罪と罰』

(溜水石衛門 役

作:野田秀樹

演出:星充

於:加藤健一事務所アトリエ

 

2002年

『野に咲く花なら』

作:渡辺正行

演出:小野寺丈

 

於:全労災ホール/スペース・ゼロ